症例写真
白石矯正歯科では「クオリティの高い治療」を提供しております
(写真は全て矯正治療のみでの治療結果であり、外科矯正は行っておりません)

小児期ケース:反対咬合(受け口)
治療法:上顎拡大装置+フルパッシブブラケット(クリアスナップ)+フェイスマスク+Tongue upトレーニング
治療期間:1年3ヶ月
左右非対称の咬合状態で、口唇の閉鎖がしにくいので、口輪筋の緊張が認められます。頑張らないと口が閉じれない状態です。このまま成長していくと、左右非対称が強くなる可能性があります。CO-CR間に左右の大きなズレが存在するので、将来的に顎の関節に症状が出てくる可能性もあります。(※COとは、中心咬合位:現在の噛み合わせのこと。CRとは、中心位:顎関節にとっての本来の位置のこと)

治療前














治療後(1年3ヶ月後)














治療開始時








治療開始から約5ヶ月後