2019年消費税改正に関するお知らせは、情報が入り次第アップ致します。
もうしばらくお待ち下さい。

過去の消費税改正の内容

2013年消費税改正
国税庁より、消費税率の引き上げに伴う「消費税の経過措置」が設けられました。
白石矯正歯科ではこの経過措置が適応になりました。
内容は下記の通りでした。

・2013年9月30日までに医院と治療の契約を締結された患者様の治療費は、8%への税率引き上げ後も改正前の税率(5%)が適応されました。

・2013年10月1日以降に医院と治療の契約を締結された患者様の治療費は、振り込み時の税率が適応されました。

当院から発行している治療契約時の料金表には一律、振り込み時の新税適応になりますと記載されておりますが、今回の改正は国税庁の特別経過措置に準じました。

(注1)8%から10%への税率引き上げ時における経過措置については、国税庁より改めてお知らせがあるとのことでした。

(注2)お子様の準備矯正から成人の本格矯正に移行する患者様は、再診断を行い、本格矯正の再契約を結んだ時点での税率が適応されました。