症例写真治療結果分析
治療クオリティの高さを大切にしております
(写真は全て矯正治療のみでの治療結果であり、外科矯正は行っておりません)

小児期ケース:反対咬合(受け口)
治療法:上顎拡大装置+フルパッシブブラケット(クリアスナップ)+フェイスマスク等
治療期間:12ヶ月
治療分析:日本人の反対咬合や下顎前突は、上顎の劣成長を伴なうことが多いので、上顎を側方拡大と前方に牽引しました。側方拡大方法は急速拡大で、正中口蓋縫合の拡大を行い、横口蓋縫合を剥がす効果で、前方牽引の効果を促進します。

治療前














治療後(12ヶ月後)














治療開始時








治療開始から約3ヶ月後