症例写真
白石矯正歯科では「クオリティの高い治療」を提供しております
(写真は全て矯正治療のみでの治療結果であり、外科矯正は行っておりません)

難症例ケース:反対咬合+左上3番高位埋伏(受け口+左上3番目の永久歯が上顎の中に埋まったままはえてきていない)
治療法:フルパッシブブラケット:T21
解説:残存している左上乳犬歯Cを抜歯し、そのスペースに左上3番を誘導しました。Cと犬歯ではスペースが足りないので、前歯をアドバンスさせ、反対咬合を同時に解消しております。

治療前


















治療後(2年1ヶ月後)